有休願い出た部下に「休むなら辞表持ってこい」…処分された男性警部「冗談のつもり」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 有給休暇の取得を願い出た部下に、「休むなら、辞表を持ってこい」と言って休みを取りづらくさせるパワーハラスメントをしたとして、兵庫県警が神戸市内の警察署の警務課長で50歳代の男性警部を2月17日付で警務部長注意の処分にしたことがわかった。警部は「冗談のつもりだった」と弁明したという。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 県警によると、警部は2020年12月~21年12月、警務課の30歳代女性巡査長が複数回、有休の取得申請をした時、「休むんだったら、辞表を持ってこい」と告げたという。別の職員が、警部の発言を上司に報告して被害がわかった。巡査長は辞表を提出しておらず、希望通りの有休を取得したが、県警は警部の発言がパワハラだと判断した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2861366 0 社会 2022/03/24 07:46:00 2022/03/24 19:18:21 2022/03/24 19:18:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220323-OYT1I50180-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)