接待問題で辞職、前総務審議官・谷脇康彦氏がIT企業副社長に就任へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 IT企業インターネットイニシアティブ(IIJ)は25日、総務省幹部への接待問題で処分を受け、辞職した谷脇康彦・前総務審議官(61)が6月28日付で副社長に就任すると発表した。

予算委員会で答弁する総務省の谷脇康彦総務審議官(2021年3月5日午前、国会で)=源幸正倫撮影
予算委員会で答弁する総務省の谷脇康彦総務審議官(2021年3月5日午前、国会で)=源幸正倫撮影

 谷脇氏は1984年に郵政省(現総務省)に入省。総合通信基盤局長などを務め、政府による携帯電話料金値下げ政策の推進役を担った。谷脇氏は昨年、放送関連会社「東北新社」やNTTから接待を受けていたことが判明し、昨年3月に退官。今年1月にIIJの顧問に就任した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2865811 0 社会 2022/03/25 15:52:00 2022/03/25 17:27:26 2022/03/25 17:27:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220325-OYT1I50117-T-e1648196842721.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)