「一蘭」の490円カップ麺、値下げしないよう小売店に圧力か…公取委が調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人気ラーメンチェーンの「一蘭」(福岡市)が商品化したカップ麺などについて、小売店の販売価格を不当に拘束した疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で同社を調査していることが関係者の話でわかった。同社のカップ麺は、具材をあえて入れずに、税込み490円という強気の価格設定にしたことが注目を集めていた。

人気ラーメンチェーン「一蘭」のカップ麺
人気ラーメンチェーン「一蘭」のカップ麺

 関係者によると、同社はカップ麺を含む自社商品を販売する際、小売店に価格を維持するよう指示し、値下げをしないよう圧力をかけた疑いがあるという。

 同社によると、一蘭は1960年に福岡県内で豚骨ラーメン店として創業され、93年に株式会社となった。現在は国内外で87店舗を展開。店舗での飲食に加え、家庭用ラーメンなど自社商品の開発も行っている。

 2013年からは直営店や自社サイトのほか、全国各地のスーパーマーケットなどで販売を開始。昨年2月に初めて発売したカップ麺「一蘭 とんこつ」は、「純粋にラーメンの味を楽しんでほしい」として具材を入れていない点や、高めの価格が話題を呼び、これまでに600万食を売り上げている。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2874606 0 社会 2022/03/29 05:00:00 2022/03/29 08:44:02 2022/03/29 08:44:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220328-OYT1I50153-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)