小学校の卒業証書に他校の公印…篆書体のため4年間気づかれず、漢字に詳しい児童が発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県尼崎市教育委員会は29日、市立小学校1校が今春までの4年間、他校の公印を誤って印刷した卒業証書を渡していたと発表した。印刷データを取り違えたとみられ、今春の卒業生がミスを見つけるまで誰も気づかなかったという。小学校は今後、4年間の卒業生計553人の家庭を訪問して謝罪し、正しく印刷された卒業証書と取り換える。

尼崎市役所
尼崎市役所

 市教委によると、卒業証書に印刷されている2種類の公印が、校名が一文字違いの近隣小学校のものになっていた。2018年度に卒業証書への公印の押印を手作業から印刷に変更した際、市教委が印刷システムの導入研修でサンプルとして示したデータが近隣小学校のもので、取り違えた可能性が高いという。

 公印の印影は 篆書てんしょ 体で、教職員は気づかなかった。今春に卒業した児童が漢字に詳しく、小学校に「間違っている」と問い合わせ、発覚したという。

 市教委は「ご迷惑をおかけして申し訳ない」と陳謝した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2878065 0 社会 2022/03/30 06:42:00 2022/03/31 10:37:02 2022/03/31 10:37:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220330-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)