「同僚の下着姿や裸を見たく、触りもした」女性警官宅に侵入しカメラ設置…巡査を懲戒免職

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 同僚の女性警察官宅に無断で入り込み、盗撮目的でカメラを設置したとして、埼玉県警は31日、浦和東署交通課の男性巡査(23)を懲戒免職処分とした。県警は、巡査を住居侵入と県迷惑防止条例違反の両容疑でさいたま地検に書類送検している。

埼玉県警察本部
埼玉県警察本部

 発表によると、巡査は昨年10月頃~今年1月5日の間、さいたま市内の同僚女性2人(いずれも20歳代)の自宅に複数回侵入し、1月5日にはうち1人の自宅に小型カメラを設置した。翌日に被害者がカメラに気づいた。巡査は「下着姿や裸を見たかった。室内にあった下着を見たり触ったりした」などと話しているという。

 荻野長武・首席監察官は「県民の信頼を大きく損ねる行為で、深くおわびする」とのコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2884466 0 社会 2022/04/01 06:39:00 2022/04/01 06:39:00 2022/04/01 06:39:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220331-OYT1I50197-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)