空港で助けてくれた「サトウさん」…ウクライナ人女性2人が感動、苦難の道中に涙も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ウクライナから日本へ避難した心境を語るイリーナ・ヤボルスカさん(右端)と、ギャリーナ・イバノバさん(左端、大津市で)=里見研撮影
ウクライナから日本へ避難した心境を語るイリーナ・ヤボルスカさん(右端)と、ギャリーナ・イバノバさん(左端、大津市で)=里見研撮影

 ロシアの軍事侵攻から逃れ、娘夫婦の住む滋賀県彦根市に避難したウクライナ人女性2人が3月31日、三日月知事を県公館に訪問した。県が用意した宿泊施設に滞在しており「おもてなしの精神で手厚いサポートをしてもらい、感謝している。ウクライナと日本の関係がより強くなってほしい」と述べた。

クリミア弾薬保管場の爆発、ウクライナ側「重要な標的だった」…関与ほのめかす

 2人はイリーナ・ヤボルスカさん(50)とその母ギャリーナ・イバノバさん(80)。戦火にさらされた東部ハルキウ(ハリコフ)から西部リビウへ、定員の3倍の避難民で埋まった電車で20時間以上かけて脱出。ポーランドの難民キャンプや知人のもとで10日間ほど過ごしたが、働く先が見つからないなど生活の基盤を築くめどが立たず、イリーナさんの娘のカテリーナさん(31)を頼って来日する決断をしたという。

 出迎えた三日月知事から「大変な道のりでしたね」と言葉をかけられると、2人は手を合わせ、お礼を言った。イリーナさんは「なんとかたどり着くことができました」と語り、苦難の道中を思い出して涙ぐむ場面も。イリーナさんは「日本に来るのが夢だったが、こんな形になるとは」と複雑な心境を吐露する一方、「車から見た近江八幡や大津の街並みが大変美しかった」と印象を語った。

 ギャリーナさんは、空港で書類申請や荷物運びを助けてくれた「サトウさん」という日本人に触れ「感動した。力添えがなければ来日できなかったかも」と感謝の意を示した。

 ハルキウにはイリーナさんの夫ローマンさん(52)がとどまる。インターネットで毎日連絡を取り合っており、カテリーナさんは「ミサイルや発砲音が続く厳しい状況だと聞いており、心配だ」と思いやった。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2888589 0 社会 2022/04/02 18:16:00 2022/04/02 20:05:52 2022/04/02 20:05:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220402-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)