「本当の備えを…知っておくべきだろう」ゴルゴ13と防災冊子がコラボ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 堺市は、堺名誉大使で昨年亡くなった劇画家さいとう・たかをさんの代表作「ゴルゴ13」とコラボした防災冊子を製作した。約1万部を用意し、11日から各区役所などで配布する。

市が新たに製作した防災冊子(堺市で)
市が新たに製作した防災冊子(堺市で)

 A4判34ページ。黒を基調とした表紙にはゴルゴ13の主人公・デューク東郷が、「本当の『備え』を… 知っておくべきだろう…」とのセリフと共に登場。冊子では地震や風水害で想定される市内の被害や取るべき行動、備蓄品の例などをイラストや図で紹介。洪水や土砂災害の特徴を説明する項目では「どんな被害が起きそうか… 知らなければ備えることは難しい…」と呼びかけている。

 11日から各区役所などで配られるほか、市のホームページからもダウンロードできる。問い合わせは市防災課(072・228・7605)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2891843 0 社会 2022/04/04 10:43:00 2022/04/04 10:43:00 2022/04/04 10:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220403-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)