駅の窓口アクリル板を傘でたたいて傷つける、高校教諭「切符購入巡りトラブル」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県警富士宮署は4日、富士宮市、県立高校教諭の男(61)を建造物損壊容疑で現行犯逮捕した。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 発表によると、男は4日午後8時頃、JR富士宮駅で、切符売り場窓口のアクリル板を傘でたたいて傷つけた疑い。酒は飲んでいなかった。容疑を認めていて、「切符購入を巡りトラブルになった」などと話しているという。署が詳しい状況を調べている。

 県教育委員会は、男の勤務する学校名を明らかにしていない。

 県内では、1日に60歳代の小学校教諭の男が道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕されている。池上重弘教育長は「教諭の逮捕が続き、深くおわびする」とのコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2900000 0 社会 2022/04/06 18:11:00 2022/04/06 18:11:00 2022/04/06 18:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220405-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)