「そんなことも分からないの」「邪魔」と薬局でパワハラ、女性自殺に解決金300万円

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府吹田市の薬局で勤務し、2016年に自殺した女性(当時30歳)の遺族が、自殺は社長や上司のパワーハラスメントが原因として、運営会社などに計約8800万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁で和解が成立した。社長らが遺族に謝罪し、同社側は解決金300万円を支払う。成立は3月11日付。

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

 訴状によると、女性は14年10月から薬局に勤務し、処方箋のパソコン入力業務などに従事。社長や上司らから「そんなことも分からないの」「邪魔」などと何度も 叱責しっせき され、15年8月にうつ病と診断され、16年1月に自殺した。遺族は19年4月に提訴していた。

 遺族側と会社側の双方の代理人弁護士は取材に「コメントできない」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2897745 0 社会 2022/04/06 07:17:00 2022/04/06 14:09:52 2022/04/06 14:09:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220405-OYT1I50156-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)