電車内で喫煙注意の高校生暴行、28歳男を起訴…取り調べに「まじ暴れるぞ」と脅す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR宇都宮線の電車内で1月、喫煙を注意した高校生が暴行を受けてけがをした事件があり、宇都宮地検栃木支部は8日、栃木県警に傷害容疑で逮捕された宇都宮市、飲食店従業員の男(28)について、傷害と強要などの罪で宇都宮地裁栃木支部に起訴した。約2か月の鑑定留置で、刑事責任能力を問えると判断した。

宇都宮地裁
宇都宮地裁

 起訴状では、男は1月23日昼、宇都宮線の電車やホームで、自身の喫煙を注意した男子高校生(当時17歳)に土下座を強要し、頭を踏みつけて腹部付近を蹴るなどの暴行を加え、顔の骨を折るなどの重傷を負わせたとしている。

 男は逮捕後の2月1日、取り調べの際に、男性副検事(当時37歳)に「俺暴れるとき、まじ暴れるぞ」「女には手上げへんけど、男には手上げるからな」などと言って脅したとして、公務執行妨害罪でも起訴された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2906247 0 社会 2022/04/08 18:25:00 2022/04/08 20:03:31 2022/04/08 20:03:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220408-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)