3回目接種「現役世代」で進まず、未接種者24%…都は接種者対象に抽選でパンダ観覧券

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が、64歳以下の「現役世代」で進んでいない。3月末時点で接種可能な人のうち、未接種者は24%(760万人)に上る。全国の新規感染者は増加傾向に転じており、自治体などは接種促進を目指している。

大阪府で新たに2545人コロナ感染、1週間前から1074人急増

 厚生労働省のデータなどによると、2回目の接種から一定期間が過ぎて3回目の対象となった人は、3月末の時点で、65歳以上の高齢者が3242万人、64歳以下の現役世代(医療従事者を含む)が3130万人。このうち、まだ接種していない人は、高齢者は8%(267万人)だが、現役世代は24%(760万人)に上る。

 一方で全国的に感染の再拡大の傾向がみられ、中でも若者への感染の広がりが懸念されている。東京都内では新規感染者(3月29日~4月4日)の半数が20歳代以下だった。厚労省の助言機関座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は6日の記者会見で「接種が進めば感染予防効果が高まるのは間違いない」と指摘した。

 3回目接種を促進するため、東京都は8日、接種者を対象に、上野動物園(台東区)の双子のジャイアントパンダ「シャオシャオ」(オス)と「レイレイ」(メス)の優先観覧券が抽選で当たるキャンペーンの受け付けを始めた。

  LINEライン を使った都の接種証明サービス「TOKYOワクション」に登録することが条件。2回以上の接種で応募できるが、3回接種を終えた人は当選確率が2倍になる。小池百合子知事は8日の記者会見で「若い世代の皆様に接種を検討してほしい」と呼びかけた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2906726 0 社会 2022/04/08 21:50:00 2022/04/08 23:45:52 2022/04/08 23:45:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220408-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)