医師退職問題で辞任表明した院長、新たに「院長代行」に…「運営が混乱しているから」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大津市の地方独立行政法人・市立大津市民病院の医師退職問題で、同病院は8日、若林直樹院長(61)が辞任し、後任の院長に済生会滋賀県病院(栗東市)の日野明彦院長補佐(66)が就く18日付の人事を発表した。若林氏が「責任を痛感している」と辞意を示したためだが、現在、兼務している法人の副理事長職にはとどまり、新たに院長代行を兼職して今後も病院運営に携わる。

大津市民病院(大津市で)
大津市民病院(大津市で)

 大津市民病院によると、若林氏は8日に開いた理事会で「患者、市民を不安にさせ、心配をかけた。人事を刷新し、新体制で病院の立て直しを図る必要がある」と、院長を辞する理由を説明した。

 だが、若林氏は副理事長兼院長代行として幹部にとどまるため、影響力を持ち続けるとみられる。若林氏の残留について、同病院は「運営が混乱しており、新しい院長をサポートする必要がある」としている。

 日野氏は若林氏や、引責辞任した北脇城・前理事長と同じ京都府立医大の出身で、専門は脳神経外科。済生会滋賀県病院ではコロナ対策の責任者を務めている。

 一方、現在、理事長は空席で、佐藤健司・大津市長が人選を急いでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2907471 0 社会 2022/04/09 06:47:00 2022/04/09 07:06:12 2022/04/09 07:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220408-OYT1I50212-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)