恵比寿駅のロシア語案内表示、駅員が貼り紙で覆い隠す…JR東「不適切な対応だった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都渋谷区にあるJR恵比寿駅の駅員が、駅改札にあるロシア語の案内表示を、貼り紙で覆い隠していたことがJR東日本への取材でわかった。同社は「ロシア人への差別につながりかねない不適切な対応だった」として、15日始発までに貼り紙を外す方針。

G7サミット開幕、ロシア産金の輸入禁止へ…戦費調達の制限狙い制裁強化
JR東日本
JR東日本

 JR東によると、同駅はロシア大使館に向かう途中の乗り換えで利用する人が多く、東京五輪・パラリンピック開催を前に2018年からロシア語、英語、韓国語で乗り換え案内の表記を始めた。ウクライナへの軍事侵攻後、ロシア語表記に「不快だ」との声が寄せられ、7日に駅員の判断で「調整中」と記した紙で覆ったという。

 その後、利用者から覆っていることへの疑問の声が駅に寄せられ、元の状態に戻すことになった。JR東は「利用者に不快な思いをさせてしまい、おわび申し上げる」としている。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2923808 0 社会 2022/04/14 23:49:00 2022/04/14 23:49:00 2022/04/14 23:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220414-OYT1I50210-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)