コロナで孤立の介護、心の中で何度も「ごめんな」と母の首絞め…嘱託殺人で男性猶予判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「首を絞めた感触は今でも残っている」と涙を流して語る男性(3月、岡山市で)
「首を絞めた感触は今でも残っている」と涙を流して語る男性(3月、岡山市で)

 岡山県内の河川敷で昨年8月、56歳の男性が、末期がんを患う83歳の母親の首を絞めて殺害する事件があった。男性はコロナ禍で仕事を失い、1人で母親を介護していた。孤立を深める中、母親は死を望み続け、最期に「ありがとう」と口にしたという。3月に嘱託殺人罪などで執行猶予付き有罪判決を受けた男性は「どうすればよかったのか」と今も自問し続けている。(上万俊弥)

長崎県のコロナ感染者3398人、過去最多を更新

2人暮らし

 岡山地裁の判決によると、男性は昨年8月23日未明、同県和気町の河川敷で、母親から頼まれ、首をひもで絞めて殺害し、遺体を放置した。

 3月15日に懲役3年、執行猶予5年を言い渡された後、岡山市の更生支援団体のサポートを受けて暮らす男性が取材に応じ、その日までに起きたことを語った。

 男性は高校卒業後、県内の工場に就職したが、25歳の頃に交通事故に遭い、重い物を持てなくなり、退職。その後、職を転々とするようになったという。結婚し、子どももいたが、40歳前に離婚。実家で両親とともに全盲の兄の世話をしていたが、数年前に父親と兄が相次いで亡くなり、母親と2人暮らしになった。

 そうした中、2020年、コロナ禍が襲った。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2924214 0 社会 2022/04/15 07:17:00 2022/04/15 08:33:32 2022/04/15 08:33:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220415-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)