コロナで孤立の介護、心の中で何度も「ごめんな」と母の首絞め…嘱託殺人で男性猶予判決

「首を絞めた感触は今でも残っている」と涙を流して語る男性(3月、岡山市で)

 岡山県内の河川敷で昨年8月、56歳の男性が、末期がんを患う83歳の母親の首を絞めて殺害する事件があった。男性はコロナ禍で仕事を失い、1人で母親を介護していた。孤立を深める中、母親は死を望み続け、最期に「ありがとう」と口にしたという。3月に嘱託殺人罪などで執行猶予付き有罪判決を受けた男性は「どうすればよかったのか」と今も自問し続けている。(上万俊弥)

2人暮らし

 岡山地裁の判決によると、男性は昨年8月23日未明、同県和気町の河川敷で、母親から頼まれ、首をひもで絞めて殺害し、遺体を放置した。

 3月15日に懲役3年、執行猶予5年を言い渡された後、岡山市の更生支援団体のサポートを受けて暮らす男性が取材に応じ、その日までに起きたことを語った。

 男性は高校卒業後、県内の工場に就職したが、25歳の頃に交通事故に遭い、重い物を持てなくなり、退職。その後、職を転々とするようになったという。結婚し、子どももいたが、40歳前に離婚。実家で両親とともに全盲の兄の世話をしていたが、数年前に父親と兄が相次いで亡くなり、母親と2人暮らしになった。

 そうした中、2020年、コロナ禍が襲った。

 当時、自動車工場の新車を運ぶ仕事をしていたが、生産台数の減少で職を失った。追い打ちをかけるように、母親に乳がんが見つかった。治療費がかさんで生活が苦しくなり、自宅を売った。仕事を探したが、50歳代の年齢がネックになってなかなか見つからず、21年2月、生活保護を受給。ほどなく母親のがんが肝臓に転移した。

思い出語り合い

 病状が進行するにつれ、母親は「迷惑をかける前に殺して」と口にするようになった。母親は兄の世話で苦労し、同じ思いをさせたくないと考えていたという。男性は通院に付き添い、生活の世話をしながら「そんなこと言うな」と励ました。しかし、コロナ禍で周囲との交流もなくなる中、自身も追い詰められた。

 「おかんを殺して、俺も死ぬわ」

 「そうか、悪いな」

 21年8月22日夕、電車で現場の河川敷に向かった。「子どもの頃、毎年大阪まで花火を見に行ったなあ」。橋の下に座り、日付が変わるまで思い出を語り合った。

 翌23日午前2時頃、男性は母親が自宅から持ってきたひもを母親の首に巻いたが、手が震えて2度失敗した。「何度も心の中で『ごめんな』って謝りながら、おかんの首を絞めた」。母親が眠るように息を引き取った後、夜が明けるまで寄り添った。

 翌日、死に場所を探してさまよっていたところ、警察官に身柄を確保された。

「最後の願い」

 判決では、執行猶予とした理由について「将来の見通しが立たず、他者との交流に乏しい中、母親の自殺願望の影響を受けやすい状況だった」とした。

 男性は取材に「殺したくなかった。でも、助けてくれる人がおらず、おかんの最後の願いを聞いてあげたいとしか考えられなくなった」と涙を流しながら話し、「自分は生きていていいのか」と何度も口にした。

 男性の更生や就労を支援する団体の社会福祉士は「孤立が男性を追い詰めた。周囲に助けを求められれば、結果は違ったのではないか」と話し、「男性が『生きていいんだ』と思えるよう、支援していきたい」と話した。

孤立で冷静な判断できず

  湯原悦子・日本福祉大教授(司法福祉)の話 「コロナ禍で介護を取り巻く環境は一変し、どこでも起きうる事件だ。心身が疲れ、孤立すると、冷静な判断ができなくなる。家族に『死にたい』と言われ続けると、それも解決策だと思ってしまう。本人から声を上げられないことが多いが、サインを見逃さず、自治体や民間団体などが相手の立場に寄り添った支援をしていくことが重要だ」

社会
ページTOP