吉野家常務「若い女の子を牛丼中毒にする」…早大マーケティング講座で女性蔑視発言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 牛丼チェーンの吉野家は18日、同社の常務取締役が講師として登壇した講座で、「田舎から出てきた若い女の子を牛丼中毒にする」などと、女性を 蔑視べっし する不適切な発言をしたと発表した。

吉野家の牛丼
吉野家の牛丼

 常務が登壇したのは、早稲田大が16日に開いた社会人向けのマーケティング講座。「男に高い飯をおごってもらえるようになれば、絶対に(牛丼を)食べない」といった趣旨の発言もあった。

 吉野家によると、常務は発言した事実を認めている。吉野家は「不快な思いをさせたことに対し、深くお び申し上げる」「常務が講座内で用いた言葉は極めて不適切で、到底許容できるものではない」とコメントし、常務の処分を検討するとしている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2932186 0 社会 2022/04/18 16:06:00 2022/04/18 21:31:22 2022/04/18 21:31:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220418-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)