回送列車の移動が1分遅れ、運転士の賃金カット…地裁がJR西に56円支払い命令

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 回送列車の入庫作業が1分遅れたのを理由に賃金56円をカットしたのは違法として、JR西日本岡山支社の男性運転士(結審後に病死)が、未払い賃金や慰謝料など計220万56円の支払いをJR西に求めた訴訟の判決が19日、岡山地裁であった。奥野寿則裁判長はJR西の対応は違法として56円の支払いを命じた。慰謝料の請求は棄却した。

岡山地方裁判所
岡山地方裁判所

 判決によると、男性運転士は2020年6月、回送列車を移動させる仕事で待機するホームを間違え、作業の完了が1分遅れた。JR西は「遅れた時間は労務の提供がない」として賃金をカットした。

 奥野裁判長は判決で「男性運転士はミスに気づいて直ちに正しいホームに向かっており、その行動は労務に当たる」と指摘。JR西の指揮命令下にあった時間として賃金が生じるとした。一方、200万円の慰謝料については「未払いは少額で、そこまでの違法行為とは言えない」と退けた。

 原告側の西山あかね弁護士は「未払い賃金の支払いが認められたのは評価したい」とコメント。JR西は「 真摯しんし に受け止める。控訴はしない」としている。

 JR西は先月から乗務員のミスで運行が遅れても、賃金をカットしない運用に改めている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2936089 0 社会 2022/04/20 06:36:00 2022/04/20 06:36:00 2022/04/20 06:36:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220420-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)