すくい網でシラスウナギ161匹密漁、河口で発見の19歳を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知海上保安部などは20日、高知県の仁淀川の河口でシラスウナギを密漁していたとして、住所、職業不詳の男(19)を県漁業調整規則違反容疑で現行犯逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

採捕されたシラスウナギ=高知海上保安部提供
採捕されたシラスウナギ=高知海上保安部提供

 発表によると男は19日午後8時30分頃、仁淀川の河口で「すくい網」を使って採捕したシラスウナギ161匹を所持した疑い。同部と県漁業管理課が合同パトロール中に発見した。同部によると、改正少年法が1日に施行されて以降、海上保安庁として少年を摘発するのは初めてという。

採捕に使われた道具=高知海上保安部提供
採捕に使われた道具=高知海上保安部提供
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2939270 0 社会 2022/04/21 10:33:00 2022/04/21 13:18:13 2022/04/21 13:18:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220420-OYT1I50179-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)