新築戸建てやマンションに充電設備の設置義務検討…小池都知事「ZEV普及に不可欠」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は、一定規模の新築建物を対象に、電気自動車など「ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)」の充電設備設置を義務化する検討を始めた。脱炭素の実現に向け、ZEVへの移行を後押しする狙いがある。

小池都知事
小池都知事

 小池百合子知事が22日、定例記者会見で明らかにした。対象は駐車場付きの戸建て住宅やマンションで、施工者側に一定の条件を付けた上で設置を義務付けることを想定している。年度内に関連する条例改正案の議会提出を目指すという。

 都は、2030年に都内の新車販売に占めるZEVの割合を50%(2020年度末で2・3%)まで引き上げる目標を掲げている。ただ、充電設備を備えた戸建て住宅やマンションはまだ少なく、ZEV普及の障壁になりかねない状況だ。

 小池知事は記者会見で、「自動車を取り巻く世界の流れは激動を続けており、ZEVの普及を支える充電設備の設置は不可欠だ」と説明した。

 設置は施工者側に義務付けられるが、コストは建築主側が負担する可能性がある。都の担当者は「数千円の簡易な充電設備もある。都民の負担を減らすため、補助制度も充実させ、ZEVの導入を加速させたい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2944447 0 社会 2022/04/22 23:12:00 2022/04/22 23:12:00 2022/04/22 23:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220422-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)