階段で女性のスカート下にスマホ差し入れる…町危機管理室職員を現行犯逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 盗撮しようとしたとして、高知県警高知署は22日、高知県中土佐町、同町総務課危機管理室職員の男(35)を県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

高知県警察本部
高知県警察本部

 発表によると、男は同日午後6時20分頃、高知市内の商業施設の階段で、女性のスカート下にスマートフォンを差し入れた疑い。

 近くにいた別の女性が目撃しており、通報で駆けつけた同署員が男を取り押さえた。スマホにはスカート内部を撮影しようとした動画が残っていた。

 町によると、男は高知市内で防災担当者の会議があり、出席していた。

 昨年7月に改正県迷惑防止条例が施行され、実際に撮影しなくても、下着や体に盗撮目的でカメラを向けたり、設置したりすることを処罰の対象にした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2956373 0 社会 2022/04/27 14:11:00 2022/04/27 14:11:00 2022/04/27 14:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220423-OYT1I50203-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)