「体力検定」で自衛隊員が死亡…腕立て伏せと腹筋の後、3千mを走り終えて倒れる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊第4師団司令部は24日、福岡県春日市の福岡駐屯地で、第4後方支援連隊の男性2等陸曹(36)が体力検定中に倒れ、2日後に死亡したと発表した。

 発表によると、2曹は22日午前8時過ぎから同僚らと年に1回の検定に参加。腕立て伏せと腹筋(各2分間)の後、3000メートル走を走り終えた直後に倒れ、搬送先の病院で24日に亡くなった。検定前の健康観察で異常はなかったという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2948919 0 社会 2022/04/25 07:54:00 2022/04/25 12:44:01 2022/04/25 12:44:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)