知床岬東側の海上で子供1人を救助、意識ない状態…複雑な潮流により流された可能性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が消息を絶った事故で、第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は25日未明、新たに乗船者とみられる子供1人を海上で救助したと発表した。救助時、意識のない状態だったという。

サハリンで日本人とみられる男性遺体発見…「KAZU」と書かれた救命胴衣、知床沈没船不明者か
白波が打ち寄せる知床岬の海岸線を上空から捜索する道警のヘリコプター(24日午後1時26分、読売ヘリから)
白波が打ち寄せる知床岬の海岸線を上空から捜索する道警のヘリコプター(24日午後1時26分、読売ヘリから)

 関係者によると、これまでに死亡が確認された大人10人(男性7、女性3)は、いずれも、船が消息を絶った知床岬の西側の海上や岩場で発見された。新たに子供が見つかったのは岬の東側の海上で、複雑な潮流により流された可能性がある。観光船には乗員2人のほか、乗客24人が乗っており、このうち2人は7歳と3歳の子供だったとみられる。

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2948791 0 社会 2022/04/25 03:11:00 2022/04/25 06:55:03 2022/04/25 06:55:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)