JR西日本社長「反省を深く心に刻む」…福知山線脱線事故から17年、追悼慰霊式を3年ぶり開催

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3年ぶりに遺族らが参加して行われた追悼慰霊式(25日午前10時1分、兵庫県尼崎市の「祈りの杜」で)=代表撮影
3年ぶりに遺族らが参加して行われた追悼慰霊式(25日午前10時1分、兵庫県尼崎市の「祈りの杜」で)=代表撮影

  乗客106人と運転士が死亡し、562人が負傷した2005年のJR福知山線脱線事故は25日、発生から17年となった。兵庫県尼崎市の事故現場にJR西日本が整備した追悼施設「祈りの もり 」では、コロナ禍で2年連続中止された同社主催の追悼慰霊式が3年ぶりに営まれ、遺族らが犠牲者を悼んだ。

 慰霊式には遺族や負傷者ら244人が出席。コロナ禍で出席を見合わせた遺族ら向けにオンライン中継を行ったほか、同県伊丹市内には中継会場を設けた。

事故から17年、現場付近を通過する電車(25日午前7時5分、兵庫県尼崎市で)=東直哉撮影
事故から17年、現場付近を通過する電車(25日午前7時5分、兵庫県尼崎市で)=東直哉撮影

 式では、長谷川一明社長が「大切な人生を私たちが一瞬にして奪い、ご家族や大切な方々と突然のお別れをさせてしまった」と謝罪。「事故の反省を深く心に刻み、安全な鉄道を築きあげていく」と誓った。

 式を前に、事故発生時刻の午前9時18分には、現場近くで遺族らが黙とう。同じ時間帯に通過した快速列車では「事故を心に刻み、安全運行に努めます」と車内放送が流れ、現場に向かって手を合わせる乗客もいた。

◆JR福知山線脱線事故 =兵庫県尼崎市で2005年4月25日午前9時18分、宝塚発同志社前行き快速電車(7両)が脱線し、線路脇のマンションに衝突した。国の航空・鉄道事故調査委員会(当時)は、制限速度(時速70キロ)を大幅に超える時速約116キロでカーブに進入したことで起きたと結論づけ、背景には懲罰的な日勤教育など厳しい運転士管理があったと指摘した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2949048 0 社会 2022/04/25 10:16:00 2022/04/25 12:22:53 2022/04/25 12:22:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)