診察中に「ドーン」と音…女性患者の車、医院ガラス戸を破って突っ込む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日午前10時15分頃、岡山市北区の整形外科医院に患者の女性(72)が運転する乗用車がガラス戸を破って突っ込んだ。女性は頭に軽傷を負い搬送されたほか、家族の付き添いで近くにいた別の男性(85)も脚を打撲するなどした。

入り口に突っ込んだ乗用車(岡山市北区で)=医院提供
入り口に突っ込んだ乗用車(岡山市北区で)=医院提供

 岡山県警岡山西署によると、院内には職員や患者ら15人がおり、女性は受診のため、医院前の駐車場に車をとめようとしていた。搬送前に女性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と語っていたという。

 院長(79)は「診察中に『ドーン』という天井が崩れたような大きな音がした。驚いたが、大きなけが人がなくてほっとした」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2952937 0 社会 2022/04/26 15:02:00 2022/04/26 15:02:00 2022/04/26 15:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)