山梨のキャンプ場付近で発見の遺骨、後頭部の一部で死後数年経過か…遺留品など捜索続く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県道志村のキャンプ場付近の山中で今月発見された子供の頭部とみられる骨について、県警が調べたところ、後頭部の一部で死後数年が経過していると推定されることが、捜査関係者への取材でわかった。大きさは数センチ四方で、キャンプ場から東に約600メートルの山道付近で見つかったという。

頭部の骨が見つかった現場付近に置かれたポリ袋(27日午前11時23分、山梨県道志村で、読売ヘリから)=富永健太郎撮影
頭部の骨が見つかった現場付近に置かれたポリ袋(27日午前11時23分、山梨県道志村で、読売ヘリから)=富永健太郎撮影

 このキャンプ場では2019年9月、当時小学1年の千葉県成田市の小倉美咲さんが行方不明になっている。県警は27日も朝から30人態勢で現場付近の捜索を行ったが、遺留品や他の部位の骨は見つからず、28日以降も捜索を続ける。発見現場は19年当時、県警や消防、自衛隊など延べ約1700人が約2週間にわたって捜索した範囲内だった。

 捜査関係者によると、骨は今月23日、美咲さんの捜索を手伝うボランティアの40歳代男性が発見。男性は写真を撮影した上で現場を離れたが、後で人の骨かもしれないと考え、25日に再確認して警察へ届け出た。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2958164 0 社会 2022/04/28 05:00:00 2022/04/28 19:49:22 2022/04/28 19:49:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220428-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)