知床半島東側で発見の不明男性3人の死亡を確認…残る12人の捜索続く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が消息を絶った事故で、第1管区海上保安本部は28日、半島東側の羅臼町沖の海上で男性3人を新たに発見し、死亡を確認したと発表した。行方不明者の発見は4日ぶり。死者は計14人となった。1管などは残る不明者12人と船体の捜索を続けている。

運輸安全委、観光船「カズワン」の本格的な船体調査を開始
見つかった男性たちをヘリコプターから降ろし、搬送する消防職員ら(28日午後5時53分、北海道斜里町で)=佐々木紀明撮影
見つかった男性たちをヘリコプターから降ろし、搬送する消防職員ら(28日午後5時53分、北海道斜里町で)=佐々木紀明撮影

 発表によると、3人のうち2人は午後4時8分、海上自衛隊の船が知床岬の南南東23・9キロで、もう1人は午後5時27分、道所属の船が同23キロで発見した。いずれもライフジャケットを着用していた。

 カズワンは半島西側で遭難したとみられるが、3人は周辺の複雑な海流により、知床岬を回り込むようにして発見現場まで流された可能性がある。事故は23日午後に発生し、24日午前に知床岬付近で男女10人、24日夜に岬の東14・5キロの海上で3歳の女児1人が見つかっていた。

知床岬付近で捜索を行う警察のヘリコプター(28日午前10時2分、北海道斜里町で、読売ヘリから)
知床岬付近で捜索を行う警察のヘリコプター(28日午前10時2分、北海道斜里町で、読売ヘリから)
知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2960189 0 社会 2022/04/28 18:01:00 2022/04/28 23:20:05 2022/04/28 23:20:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220428-OYT1I50179-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)