小学校の防犯カメラ映像、ネットオークションに出品され流出…性別や体格が判別可能

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市教育委員会は28日、市立小学校の防犯カメラのレコーダーがインターネットオークションに出品され、学校の映像が流出したと発表した。落札者以外に閲覧した人はいないという。

市教委が入る横浜市役所
市教委が入る横浜市役所

 市教委によると、昨年10月6日に市内の電機会社が校門などの防犯カメラ2台を交換し、カメラとレコーダーの処分を別の業者に依頼した。業者はレコーダーが再利用できると考え、データを消去しないまま出品したという。今年1月に落札者から市教委に連絡があり、発覚した。

 映像には多くの児童や職員が映り、不鮮明だが性別や体格が判別可能だった。市は記録媒体を処分する際、職員がデータの消去に立ち会うようにしていたが、今回は行わず、業者側に機器の処分方法を明確に指定していなかったという。市教委は今後、全小中高校に情報管理の注意喚起を行う。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2962046 0 社会 2022/04/29 11:15:00 2022/04/29 11:15:00 2022/04/29 11:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220428-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)