特徴一致する靴発見、山梨不明女児の母「美咲のだと信じたくない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県道志村の山中で、2019年に行方不明になった小倉美咲さん(当時小学1年、千葉県成田市)のものと特徴が一致する運動靴が見つかったことを受け、美咲さんの母とも子さん(39)が29日、取材に応じた。

美咲さんのお気に入りのぬいぐるみを手に、取材に応じるとも子さん(29日、山梨県道志村で)=大野琳華撮影
美咲さんのお気に入りのぬいぐるみを手に、取材に応じるとも子さん(29日、山梨県道志村で)=大野琳華撮影

 とも子さんは「正直、言葉にならない思いです。まだ鑑定結果が出ていない。美咲の靴だと信じたくありません」と涙ながらに話し、「美咲が私のもとに元気で戻ってきてくれると信じている。見つかるまで捜し続けたい」と言葉を絞り出した。

 美咲さんは19年9月、家族や友人らと訪れた道志村のキャンプ場で行方不明になった。これまでの警察などの捜索では、足取りにつながる手掛かりは得られていなかった。

 しかし、今月23日にキャンプ場から600メートルほど離れた山中で子供の後頭部とみられる骨の一部が、さらに28日、その近くで美咲さんが履いていたものとメーカーや色などが一致する運動靴が見つかった。県警が鑑定を進めている。

 骨と靴の発見場所は水のかれた沢付近で、県警はこの周辺に重点を置き、29日も40人態勢で遺留品などを捜索している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2962137 0 社会 2022/04/29 12:44:00 2022/04/29 12:44:00 2022/04/29 12:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220429-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)