山梨・道志村で新たに左の運動靴を発見、不明の小倉美咲さんのものと特徴一致…靴下も見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県警は29日、子供の頭部とみられる骨と子供用の運動靴の右足側が見つかった道志村のキャンプ場付近の山中で、新たに靴の左足側と靴下を発見したと明らかにした。付近では2019年9月、当時小学1年の小倉美咲さん(千葉県成田市)が行方不明になっており、県警は鑑定を進めて詳しく調べる。

頭部の骨が見つかった現場付近に置かれた袋(27日、読売ヘリから)
頭部の骨が見つかった現場付近に置かれた袋(27日、読売ヘリから)

 靴下は片方だけで、劣化していて色やサイズが判然としないという。今月23日にはキャンプ場から約600メートル離れた山中で骨が、28日にはその約300メートル上方で同種類とみられる靴の右足側がそれぞれ見つかっている。

 美咲さんの母親のとも子さん(39)は29日、キャンプ場で報道陣の取材に応じ、「美咲の靴だとは信じたくない。美咲が元気で戻ってきてくれると信じている。見つかるまで捜し続けたい」と涙ながらに語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2962544 0 社会 2022/04/29 17:37:00 2022/04/30 01:11:12 2022/04/30 01:11:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220429-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)