検査員が申請認めたカズワン携帯、電波「圏外」か…乗客携帯から「航行できない」と通報

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、運航会社「知床遊覧船」が申請していた陸上との通信手段が、航路の一部が通話エリア外とされる携帯電話だったことが30日、国土交通省への取材でわかった。事故当日の同船からの118番は、乗客の携帯電話から発信されていたことも、捜査関係者への取材で判明。海上保安庁と国交省は安全管理体制に不備がなかったか調べている。

サハリンで日本人とみられる男性遺体発見…「KAZU」と書かれた救命胴衣、知床沈没船不明者か
海底に沈んでいるのが確認された観光船の船体=海上自衛隊撮影、第1管区海上保安本部提供
海底に沈んでいるのが確認された観光船の船体=海上自衛隊撮影、第1管区海上保安本部提供

 国交省によると、船舶安全法は、運航事業者に対し、陸上と常時つながる連絡手段として、衛星電話か携帯電話、無線のいずれかの使用を義務付けており、知床遊覧船は携帯を申請していた。

「カシュニの滝」(右)付近で捜索を行う北海道警のヘリコプター(30日午後2時57分、読売ヘリから)
「カシュニの滝」(右)付近で捜索を行う北海道警のヘリコプター(30日午後2時57分、読売ヘリから)

 しかし、捜査関係者によると、事故当日の4月23日午後1時18分頃、カズワンから「エンジンが止まり、自力航行できない」と118番があったが、発信元の番号は乗船名簿記載の男性の連絡先と一致し、携帯電話会社も申請とは別の会社だった。通報内容には船の故障部分や乗客の人数などが含まれ、乗員が借りて通報したとみられる。

 国交省によると、知床遊覧船が申請していた携帯電話会社は、航路上に通話エリア外の地域があり、電波が圏外だった可能性がある。

 事業者へのチェック体制の課題も浮かんだ。

1

2

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2964773 0 社会 2022/04/30 21:44:00 2022/05/01 11:06:43 2022/05/01 11:06:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220430-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)