ワカメやナマコの「うっかり密漁」にご用心…海保「認識しなくても罪に問われる可能性」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 行楽客で海辺がにぎわうシーズンを迎え和歌山県は、ナマコやアワビ、サザエといった海辺の生き物を気軽に取って食べたり、持ち帰ったりしないよう注意を呼びかけている。海辺の生き物は、無許可で取ることが漁業法で禁止されているケースも多く、「密漁」とみなされ、刑事罰が科せられる可能性があるためだ。県は「楽しい旅行が台無しにならないよう慎重に行動を」としている。(清水美穂)

 県などによると、密漁で刑事罰に問われる生き物は、大きく三つに分かれる。

 一つ目は、漁業法に基づいて水産庁が「特定水産動植物」に指定しているナマコとアワビだ。高額で取引され、反社会的勢力の資金源にもなっており、3年以下の懲役または3000万円以下の罰金が科せられる。

 二つ目は、地元の漁業組合などが独占的に取る「漁業権」が設定された貝類や海藻類などだ。漁業権侵害にあたり、100万円以下の罰金が科せられる。

 三つ目は、都道府県の「漁業調整規則」で定める水産動植物だ。種類ごとに大きさの制限や禁止期間などを細かく設定。違反すれば6か月以下の懲役か10万円以下の罰金が科せられる。

 この三つのうち、県内で最も多いのは漁業権侵害だ。県によると2020年は31件が摘発された。他の二つの摘発例はなかった。

密漁で摘発された男らが取ったワカメ=海南海上保安署提供
密漁で摘発された男らが取ったワカメ=海南海上保安署提供

 今年3月20日にも、海南海上保安署が漁業法違反(漁業権侵害)容疑で男2人を現行犯逮捕した。発表によると、有田箕島漁業協同組合が漁業権を設定している有田市内の海域のワカメ約10キロを密漁したとされる。2人は知人で「自分たちで食べるためだった」と供述。密漁にあたると認識していたという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2967098 0 社会 2022/05/02 07:24:00 2022/05/02 08:55:18 2022/05/02 08:55:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220501-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)