「殺してやろうという気持ちで」同居する弟の頭を金づちで殴った31歳の姉

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山口県警本部
山口県警本部

 弟の頭を金づちで殴って殺害しようとしたとして、山口県警山陽小野田署は1日、山陽小野田市小野田、無職後藤由貴容疑者(31)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。発表によると、後藤容疑者は4月30日午後8時半頃、自宅で、同居する弟(27)の頭を金づちで殴りつけ、殺害しようとした疑い。「殺してやろうという気持ちでたたいた」と容疑を認めているという。弟が自ら119番して発覚。弟は軽傷という。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2969241 0 社会 2022/05/02 17:41:00 2022/05/02 17:41:00 2022/05/02 17:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220501-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)