患者の唇にジャム塗り、別の患者になめさせる…精神科病院で看護師らが虐待84件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市西区の精神科病院「 神出かんで 病院」で、看護師らが入院患者を虐待していた事件で、病院は2日、外部の弁護士や医師らでつくる第三者委員会による調査報告書を公表した。報告書は看護師ら27人が患者に計84件の身体的、心理的虐待を行ったと認定。「患者の人権を軽視する風土があった。手間をかけずに効率を優先し、患者の人権や個人の尊厳に対する配慮が必要だという当然の認識が希薄になっていた」と断じた。

 報告書では、看護師らは患者の車いすを引き倒したり、患者の体や唇にジャムを塗って別の患者になめさせたりし、病室の扉に粘着テープを貼って出られないようにもしていたと指摘。「余計な手間をかけさせる患者への報復」や「ストレス発散」「悪ふざけ」などが虐待の理由だったとした。

 委員会は、病院が利益を優先し、患者は増やすが設備改修などは放置し、看護師の負担が増大したことで、「ストレス発散などによる虐待が起こりやすい素地があった」と分析。市や県の指導がずさんだったことにも言及し、当事者の処分や経営陣の責任追及と再発防止を求めた。病院の土居正典院長は「提言を 真摯しんし に受け止め実行する」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2970626 0 社会 2022/05/03 10:48:00 2022/05/06 18:29:21 2022/05/06 18:29:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220502-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)