サバイバルゲームで使った発煙筒、山林5時間焼く…男性が顔や腕にやけど

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4日午前10時5分頃、島根県安来市広瀬町東比田の山林から出火。約920平方メートルを焼いて、約5時間後に消し止められた。鳥取県境港市の30歳代男性が顔や腕などにやけどを負ったが、命に別条はないという。

島根県警本部
島根県警本部

 安来署の発表によると、男性ら約20人は山林で敵味方に分かれてエアガンを撃ち合う「サバイバルゲーム」を実施。演出のために使っていた発煙筒から火が周囲に燃え広がったといい、同署が詳しい出火原因を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2974088 0 社会 2022/05/05 05:00:00 2022/05/05 05:00:00 2022/05/05 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220504-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)