密回避で海釣り人気の裏で…サザエ・タコ・ウニ「レジャー感覚」の密漁急増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第6管区海上保安本部管内の瀬戸内海などで、漁業関係の法令違反が急増している。昨年1年間の密漁の取り締まりでは、書類送検などの送致件数が前年の倍近くに増え、漁業関係者も頭を悩ませる。6管は、コロナ禍で密を避けられる海釣りなどが人気となる一方、レジャー感覚で密漁に及ぶ人が増えているとみており、暖かくなるシーズンを前に警戒を強めている。(岡大賀)

物価高に苦慮する「子ども食堂」…食材・弁当用容器が高騰、ニーズ高い夏休みの活動に打撃
遊漁者が密漁したサザエなど(6管提供)
遊漁者が密漁したサザエなど(6管提供)
密漁をしないように呼びかける看板(呉市で、6管提供)
密漁をしないように呼びかける看板(呉市で、6管提供)

 6管によると、管内の瀬戸内海や宇和海など(広島、岡山、香川、愛媛各県と山口県の一部)では、漁業者以外の一般の遊漁者によるサザエやタコ、ウニなどの密漁の送致が2021年に151件あり、前年の81件から急増した。

 151件のうち、各県の漁業調整規則で禁止されている漁法や漁具に関する違反が66件と最多。うち約8割(52件)は、船から海に餌をまいて魚をおびき寄せるまき餌釣りで、20年には1件もなかった。

 船からのまき餌釣りは、6管内では山口県以外で禁止されているが、以前から苦情が複数あり、悪質性が高いケースについて検挙に踏み切ったという。

 アワビやナマコなどの特定水産動植物を無許可で取った漁業法違反が5件あったほか、産卵や繁殖のため魚介類の採捕が禁止されている保護水面で、釣りなどをした違反もあった。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2976930 0 社会 2022/05/06 14:17:00 2022/05/06 17:51:13 2022/05/06 17:51:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220506-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)