酔った男性を保護、警察署のソファで寝かせたら呼吸停止…搬送先で死亡確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府警鶴見署は7日、酒に酔っていたため保護した大阪市鶴見区の無職男性(66)が、約5時間後に死亡したと発表した。同署は司法解剖して死因を調べる。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 発表では、6日午後8時頃、「自転車で転倒している人がいる」と110番があり、駆けつけた署員が、同市鶴見区鶴見の路上で男性を発見。救急車を呼んでも搬送を拒み、「酒を飲んだ」と話して一人では歩けない様子だったため保護し、午後9時半頃から同署1階のソファで寝させていた。

 男性は7日午前1時過ぎには歩いてトイレに行き、再度ソファで横になっていたが、約30分後、呼吸をしていないことに署員が気付いて119番。午前2時40分頃、搬送先の病院で死亡が確認された。

 署によると、路上で救急隊員が調べた際には頭を打った様子はなかったという。署員は3~30分ごとに、男性の様子を確認していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2981402 0 社会 2022/05/08 10:18:00 2022/05/08 10:59:51 2022/05/08 10:59:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220507-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)