車道に寝そべり車渋滞、路線バスに遅れ…東京・武蔵野で住民投票巡りデモ妨害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外国人の参加を認める東京都武蔵野市の住民投票条例案を巡り、反対派のデモを妨害するため路上に寝そべるなどしたとして、警視庁は10日、いずれも首都圏の30~60歳代の男女17人を道路交通法違反(禁止行為)容疑で東京地検立川支部に書類送検した。

警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、17人は昨年12月4日午後3時頃、条例案に反対する人たちがデモを行っていた東京都武蔵野市吉祥寺南町の市道で、車道に寝そべったり座り込んだりし、付近の交通を妨害した疑い。車の渋滞が発生し、路線バスに遅れも出たという。

 17人は条例案に賛成する立場だった。任意の調べに「やり過ぎた」と供述した人物がいる一方、「今後もデモをやめさせる」などと話す者もいたという。条例案は同21日の市議会本会議で否決された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2988489 0 社会 2022/05/11 07:38:00 2022/05/11 10:59:41 2022/05/11 10:59:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220511-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)