逃げて保護したドーベルマン親子2頭、再び逃げる…飼い主「3日前からいない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ドーベルマンの親子4頭が4月下旬、一時逃げ出した千葉県木更津市 真里谷まりやつ の民家から、親子2頭が再び逃げたことが11日、わかった。木更津署は同日、20人態勢で捜索。けが人などの情報は入っていないという。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 同署によると、逃げ出したドーベルマンは体長約1メートルの雌の成犬1頭と、生後約5か月の雄の幼犬1頭。同日午後4時15分頃、飼い主が「2頭が3日前からいなくなっている」と署員に届け出た。飼い主は「2頭を確認したのは8日午後1時半頃が最後」と説明している。

 雌の成犬は赤い首輪、雄の幼犬は青い首輪をしているという。同署はドーベルマンを見つけた場合、捕まえようとしたり追い払おうとしたりせずに、その場を離れて110番するよう呼びかけている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2991233 0 社会 2022/05/11 21:34:00 2022/05/11 22:43:21 2022/05/11 22:43:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220511-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)