「出し子」募集の男、メッセージ自動消去アプリで移動経路など指示…電話詐欺で初公判

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ニセ電話詐欺を組織的に行ったとして、詐欺や窃盗の罪などに問われた住居不定、無職の男(49)の初公判が11日、佐賀地裁(岡崎忠之裁判官)であった。男は認否を留保した。

佐賀地裁
佐賀地裁

 起訴状では、男は共犯者らと共謀。2020年4月14、15日、家電量販店店員らになりすまして福岡市や熊本市の女性3人(当時76~80歳)方に電話をかけ、「銀行口座を利用してテレビなどが不正に購入された疑いがある」などとうそを言い、共犯者が3人の自宅で銀行通帳2通やキャッシュカード3枚をだまし取り、現金自動預け払い機(ATM)から計77万円を払い出すなどしたとしている。

 佐賀県警によると、男は詐欺組織の受け子管理役を担っていたとみられる。検察側は冒頭陳述で、男らがツイッターでATMから現金を引き出す「出し子」を募集し、これに応じた人の個人情報を集約。メッセージが自動消去される通信アプリ「テレグラム」で、受け子らに犯行や移動経路、宿泊先などを指示していたと指摘した。

 また、検察側は追起訴の予定も明らかにした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3004276 0 社会 2022/05/16 17:09:00 2022/05/16 17:09:00 2022/05/16 17:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220512-OYT1I50195-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)