「基地のない沖縄を」と訴え、雨の中1000人が行進

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄が本土に復帰してから15日で50年となるのを前に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の即時閉鎖などを求める「5・15平和行進」が14日、沖縄県内で行われた。2020、21年は新型コロナウイルスの影響で中止され、3年ぶりの開催となった。

【動画】[沖縄文化の今]<3>沖縄民謡 歌い継ぐ「人々の魂」…生活と共に時代を表現
平和行進の出発式でシュプレヒコールを上げる参加者たち(14日午前9時1分、沖縄県宜野湾市で)=浦上太介撮影
平和行進の出発式でシュプレヒコールを上げる参加者たち(14日午前9時1分、沖縄県宜野湾市で)=浦上太介撮影

 平和団体や労働組合などでつくる実行委員会の主催で45回目。感染拡大が続く中、例年より規模を縮小して約1000人が行進した。

 雨の中、参加者は午前9時頃に宜野湾市民会館前を出発した。同飛行場前を経由し、米軍嘉手納基地に近い八重島公園(沖縄市)までの8・7キロを歩きながら、「基地のない沖縄を」などと訴えた。

沖縄復帰50年、特集と最新ニュース
沖縄復帰50年
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2998790 0 社会 2022/05/14 11:22:00 2022/05/14 11:22:00 2022/05/14 11:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220514-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)