幻の「ブドウエビ」、水族館生まれです…アクアマリンふくしまで展示

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」が、ヒゴロモエビの 孵化ふか と育成に成功し、展示を始めた。同館によると、水族館生まれのヒゴロモエビの展示は国内で初めてという。

すくすく育つヒゴロモエビ(アクアマリンふくしま提供)
すくすく育つヒゴロモエビ(アクアマリンふくしま提供)

 ヒゴロモエビは北海道から千葉県銚子沖に分布し、水深500~600メートルに生息している。体長は約20センチと大型で、赤紫色の体色がブドウに似ていることから「ブドウエビ」とも呼ばれる。漁獲量が少なく幻のエビとしても知られている。

 展示個体は2016年12月生まれの雄(全長10センチ)と、今年2~3月に生まれ、まだ性別がない赤ちゃんエビ(全長1センチ)。どちらも死んだ親エビから採卵し、同館が孵化させた。

 飼育担当の日比野麻衣さん(36)によると、ヒゴロモエビの生態はまだ研究途上という。5~7年かけて成長すると考えられていたが、5歳のエビは成体の半分ほどの大きさしかなく、「自然界と水族館では環境が違うが、10年ほどかかるのでは」と話す。

 日比野さんは「エビは長い時間をかけて、食卓に並ぶ大きさにまで成長する。かわいい姿を見て実感してほしい」と話している。同館2階の「親潮アイスボックス」で展示されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3017851 0 社会 2022/05/21 08:52:00 2022/05/21 08:52:00 2022/05/21 08:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220515-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)