戦闘訓練を公開、轟音にどよめき…陸自駐屯地で記念式典

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

登場した74式戦車(伊丹市の陸上自衛隊千僧駐屯地で)
登場した74式戦車(伊丹市の陸上自衛隊千僧駐屯地で)

 陸上自衛隊第3師団創立61周年と千僧駐屯地(兵庫県伊丹市広畑)の創設71周年の記念式典が15日、同駐屯地であった。新型コロナウイルス禍で中断していた市民の見学を3年ぶりに再開。訪れた約1万8000人が、戦闘訓練を見学するなどした。

 式典では、荒井正芳師団長は、日本を取り巻く安全保障環境や多発している大災害に触れ、「市民の生命、財産を守るという使命を今まで以上に深く自覚しなければならない」と、隊員約800人に訓示した。

 同師団での運用が終了し、最後の一般公開となる74式戦車をはじめ、車両約130台も登場。見学者は写真や動画に収め、 轟音ごうおん とともに空砲が放たれると、どよめきが起こっていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3003880 0 社会 2022/05/16 14:16:00 2022/05/16 14:16:00 2022/05/16 14:16:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220516-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)