原発「処理水」海洋放出へ「安全上の問題ない」、事実上の審査合格…原子力規制委

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける「処理水」を海洋放出する計画について、原子力規制委員会は18日の会合で、安全上の問題はないとして、審査結果をまとめた審査書案を了承した。事実上の審査合格となる。規制委は今後、一般からの意見公募を経て正式に審査書として決定し、計画を認可する。

処理水放出の準備工事のため、福島第一原発沖に到着したしゅんせつ船(手前)(5日、読売機から)=田村充撮影
処理水放出の準備工事のため、福島第一原発沖に到着したしゅんせつ船(手前)(5日、読売機から)=田村充撮影

 ただ、放出用の海底トンネルの本格工事が遅れる見通しで、政府と東電が目指す来春の放出開始には間に合わない可能性がある。

 処理水は放射性物質トリチウム(三重水素)などが含まれた水で、5月12日現在、約130万トンが敷地内のタンクに保管されている。タンクの容量は来年夏~秋には満杯になるとみられる。保管が続くと廃炉作業の支障となるため、政府は昨年4月、来春から海洋放出を始める方針を決めた。放出終了までには数十年間かかる予定だ。

 東電は昨年12月、海洋放出の実施計画の認可を規制委に申請した。計画では沖合約1キロ・メートルまで海底トンネルを建設し、その先端から放出する。放出前に海水で薄め、トリチウム濃度を国の排出基準の40分の1以下にする。規制委は4月までに計13回の会合を開いて審査した。東電は会合での指摘を受け、処理水の漏出検知用の流量計を多重化するなど安全性を高めた。

 規制委は19日から30日間、意見を公募し、その結果を審査書に反映する。東電は既に海底トンネル建設に向けた掘削などの準備を始めているが、本格工事の前には地元の福島県と大熊、双葉両町から事前了解を得なければならず、着工の条件が整うのは7月以降とみられる。トンネル建設には10か月半ほどかかるため、放出開始は来春以降になる可能性がある。

 同原発では、2011年の炉心溶融(メルトダウン)で溶け落ちた核燃料が固まった核燃料デブリの冷却が続く。冷却後の水は高濃度の放射性物質を含む汚染水となり、地下水や雨水が混ざって量が増える。放射性物質の大部分は多核種除去設備(ALPS)で取り除けるが、トリチウムは除去できずに残る。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3009242 0 社会 2022/05/18 11:55:00 2022/05/20 01:30:34 2022/05/20 01:30:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)