大規模漏水、トヨタは本社工場の稼働停止…工業用水の取水できず給水全面停止の恐れ続く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県は17日、豊田市にある矢作川の水門「明治用水 頭首工とうしゅこう 」で大規模な漏水が発生し、流域9市3町の131事業所に工業用水を供給する「西三河工業用水」の取水ができず、給水が全面停止する恐れがあると発表した。トヨタ自動車は18日夕、部品を生産する本社工場の稼働を停止するなど影響が広がっている。

大規模な漏水が起きた明治用水頭首工(18日午前、愛知県豊田市で、読売機から)=西孝高撮影
大規模な漏水が起きた明治用水頭首工(18日午前、愛知県豊田市で、読売機から)=西孝高撮影

 給水区域は、豊田市や岡崎市など自動車関連企業の工場が集まるエリア。上下水道など一般家庭への影響はない。

 工業用水確保には毎秒3トンの水量が必要で、水門を管理する東海農政局は18日午後3時時点でポンプ25台を稼働させ、同1・7トン超を確保。19日午前には42台に増やし、必要水量は確保できる見通しだが、復旧のめどは立っていない。

 東海農政局によると、大規模漏水は17日未明に起きた。水門上流の川底に穴が開き、水が地中を通って下流に流れたことで水位が低下。取水口よりも低くなったため取水できなくなった。穴は直径数メートルとみられる。

 農政局は漏水を15日に把握し、砕石で塞ごうとしたができなかったという。水門では2015年から耐震工事を行っていた。

 トヨタは本社工場の稼働停止で、部品供給が滞るため、豊田自動織機長草工場(愛知県大府市)の2ラインを19日の日中は停止する。同日夜以降は検討中という。

 東京電力ホールディングスと中部電力が出資する発電会社「JERA」では、碧南火力発電所(同県碧南市)への給水に支障が出ているが、5日分の工業用水を確保しており、すぐに電力供給に影響することはないとしている。

 東海農政局によると、明治用水は農業用として1880年(明治13年)に完成。1971年に矢作川上流に矢作ダムが完成し、西三河工業用水は同ダムを水源として75年に給水を開始した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3010746 0 社会 2022/05/18 21:13:00 2022/05/18 23:33:33 2022/05/18 23:33:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)