不明となっていたドーベルマン2頭盗んだ疑い、男女3人逮捕…動物愛護団体メンバー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 千葉県木更津市 真里谷まりやつ の住宅から飼い犬のドーベルマン2頭を盗んだとして、県警木更津署は19日、同県松戸市の自称無職の女(29)と、自称埼玉県草加市の自営業の女(29)、同県越谷市の自称自営業の男(51)の3容疑者を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

 発表によると、3人は共謀し、5月8日午後1時半~同2時半頃、木更津市真里谷の男性(79)宅の敷地に侵入し、雌の成犬(体長約1メートル)と生後約5か月の雄の幼犬の計2頭のほか、2頭が着けていた首輪2点を盗んだ疑い。3人は同じ動物愛護団体のメンバーで、防犯カメラの解析や周辺の聞き込みなどから浮上したという。同署は認否を明らかにしていない。

 19日に越谷市で成犬が、草加市で幼犬が見つかり、男性の申告を受けて行方を捜していた同署の捜査員が保護した。

 この男性宅では4月22日、今回見つかった2頭を含むドーベルマン4頭がいなくなる騒ぎがあり、ボランティアらも駆けつけて同日深夜に近くで発見された。今回逮捕された松戸市の女とみられる人物は、自身のツイッターで4月22日の4頭の捜索にボランティアとして関わっていたことや、犬の飼育環境が悪く、保護が必要だという主張を記していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3012988 0 社会 2022/05/19 17:06:00 2022/05/19 19:48:24 2022/05/19 19:48:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)