4630万円誤給付、弁護士に相談後も残りの2000万円から連日出金…「返還意向」と矛盾

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田口容疑者は弁護士に「お金は海外の数社のネットカジノで全部使った」と説明した。出金先は3社の口座で、いずれも決済代行業者のものとみられる。うち1社が計約3590万円と突出し、次いで400万円、300万円だった。残る約340万円は代金が口座から即時に引き落とされるデビット決済だった。

田口翔被告、阿武町への返還用に340万円借り受け…人気ユーチューバー・ヒカルさんから

 町は、この3社の特定と、現金の回収が可能かどうかの検討を進めている。

 県警の発表によると、田口容疑者は4月12日、自身の銀行口座に振り込まれた4630万円が町のミスで誤入金されたものと知りながら、オンライン決済サービスを利用。決済代行業者の口座に400万円を振り替え、東京都の金融機関をだまして不法な利益を得た疑い。調べに対し、田口容疑者は「ネットカジノで使用するために振り替えた」と容疑を認めているという。

 この問題を巡っては、町が今月12日、田口容疑者を相手取り、全額の返還を求めて山口地裁萩支部に提訴している。

1

2

4630万円誤給付の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3016451 0 社会 2022/05/20 17:34:00 2022/05/20 19:03:23 2022/05/20 19:03:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220520-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)