霧が立ち込める中、3年ぶりの田植えに汗…女性「秋の収穫が楽しみ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県熊野市の山間部に広がる丸山千枚田で21日、田んぼのオーナーたちによる田植えがあった=写真、青木久雄撮影=。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となり、約200人が参加した。

インフルエンザのワクチン接種「強く推奨」、学会が見解…豪州での流行受け

 「日本の棚田百選」に選ばれている丸山千枚田は400年以上の歴史があり、斜面に1340枚の田んぼが連なる。コロナ禍前は毎年、オーナーたちが地元住民と交流しながら田植えや稲刈りを行ってきた。

 朝から小雨が降り、霧が立ちこめる中、参加者は泥に足を取られながら、苗を手植え。家族で10年以上参加し続けているという名古屋市の映像クリエイターの女性(21)は「3年ぶりに来られてよかった。秋の収穫が楽しみです」と話していた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3023366 0 社会 2022/05/23 14:33:00 2022/05/23 14:33:00 2022/05/23 14:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)