福島県いわき市で震度5弱、「第一」「第二」原発に異常なし…新幹線一時ストップ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

気象庁
気象庁

 22日午後0時24分頃、茨城県沖を震源とする地震があり、福島県浜通りで震度5弱を観測した。気象庁によると、この地震による津波の心配はない。震源の深さは5キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・0と推定される。この地震の影響で、東北新幹線では一時的に停電が発生し、新白河―白石蔵王駅間の上下線で約10分間、運転を見合わせた。JR東日本によると停電は、列車を緊急停止させるために自動的に発生させたものだという。またJR常磐線は高萩―富岡駅間の上下線で午後3時45分頃まで運転を見合わせた。

     ◇

 原子力規制委員会によると、廃炉作業中の東京電力福島第一原子力発電所と福島第二原発で、地震による異常は確認されていないという。

 各地の主な震度は次の通り。

 ▽震度5弱 福島県いわき市

 ▽震度4  福島県郡山市、田村市、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町など

 ▽震度3  福島市、福島県南相馬市、宮城県仙台市青葉区、石巻市、名取市、茨城県日立市など

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3020602 0 社会 2022/05/22 12:36:00 2022/05/22 18:06:22 2022/05/22 18:06:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)