115mの海底に沈む知床観光船、強風のため引き揚げ実施されず…23日作業再開へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故は23日、発生から1か月となる。これまでに乗客14人の死亡が確認され、乗員を含む12人の行方は分かっていない。北方領土・国後島の西岸では、乗船者の可能性がある2人の遺体が見つかっている。

サハリンで日本人とみられる男性遺体発見…「KAZU」と書かれた救命胴衣、知床沈没船不明者か

 カズワンは深さ約115メートルの海底に沈んでいる。引き揚げ作業は22日、強風などのため実施されなかった。23日に再開する予定で、22日夕には海上保安庁と契約した専門会社「日本サルヴェージ」の作業台船が、沈没地点の海域に向かった。

知床岬周辺の捜索にあたる海上保安庁の巡視船(右手前)(22日、北海道斜里町で、読売機から)=大石健登撮影
知床岬周辺の捜索にあたる海上保安庁の巡視船(右手前)(22日、北海道斜里町で、読売機から)=大石健登撮影

 第1管区海上保安本部は22日も、国後島周辺を含む広い海域で行方不明者の捜索を続けた。また、強風や高波が予想される中で出航を決めた運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町、桂田精一社長)の判断などを巡り、業務上過失致死の疑いで捜査している。

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3021527 0 社会 2022/05/22 22:19:00 2022/05/22 23:18:32 2022/05/22 23:18:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)