潮の流れ速い・天候不安定、困難な船体引き揚げ…潮流のタイミング見極め重要

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海難事故に詳しい東海大海洋学部の山田吉彦教授は「知床の速い潮流で、引き揚げの際に大きく揺れてバランスを崩す危険性もある。潮流が弱まるタイミングの見極めこそが最も重要だ」と指摘する。

運輸安全委、観光船「カズワン」の本格的な船体調査を開始

慎重に証拠保全

 事故を巡っては、1管が業務上過失致死容疑で調べている。カズワンは消息を絶つ前、「船首が浸水している」などと連絡しているが、水が入り込んだ原因はわかっていない。事故の分析や再発防止策を講じるためには、船体の詳細な調査が欠かせない。

 カズワンの船体は繊維強化プラスチック(FRP)製で、ワイヤで傷がつく恐れがある。このため船体には直接、ワイヤを巻き付けず、「スリング」と呼ばれるナイロン製の柔らかい帯を使って固定する。

 山田教授は「事件捜査の証拠保全のためにも、船内外に傷一つつけないような慎重さが求められる。非常に神経を使う作業となる」と話している。

1

2

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3021811 0 社会 2022/05/23 05:00:00 2022/05/23 10:22:04 2022/05/23 10:22:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)